医薬品メーカー of 医薬品業界

医薬品メーカーの成り立ち

第一三共第一三共日本の医薬品メーカーの多くは、大阪や東京で誕生している。

武田薬品工業は、1781年に初代・近江屋長兵衛が大阪の道修町で和漢薬の商売を始めたことから、塩野義製薬は、1878年に初代・塩野義三郎が同じく大阪・道修町にて薬種問屋を創業したことから始まった。

ほかにも、現在のアステラス製薬の前身である藤沢薬品工業は、1894年に藤澤友吉が大阪に藤澤商店を創業したことに、山之内製薬は、1923年に山内健二が大阪に山之内薬品商会を創業したことに始まっている。

また、第一三共は、1899年に消化不良を治すタカヂアスターゼを開発し三共商店として東京の日本橋に創業した三共と、1915年に同じく東京で梅毒を治すアーセミンを開発して創業した第一製薬が、2005年に経営統合して発足した会社である。

医薬品メーカーは何をしているの?

医薬品メーカーは、医薬品(薬)を作って、売る、企業の総称である。

このうち、医薬品を「作る」の意味には2つある。1つは、研究・開発して新しい医薬品を生み出すこと。もう一つは、研究・開発された医薬品を製造することだ。

中でも、研究・開発は医薬品企業の生命線。コレステロールを下げるメバロチンの研究・開発の成功が第一三共の前身である三共の飛躍の源泉であり、また、前立腺がんを治すリュープリン、胃潰瘍を治すプレバシドの研究・開発の成功が、武田薬品工業を世界的な医薬品企業にした。このような成功例を踏まえ、それぞれの医薬品メーカーは、現在も積極的な研究・開発活動を行っている。

なお、医薬品の販売先は、病院などの医療機関や薬局であり、一般の消費者が直接購入することは少ない。